クリアネオと薬局で市販されている商品との比較

クリアネオが薬局で市販されていないわけ

クリアネオは薬局で市販されている商品と比べると、市販商品が1000円程度から2000円で買えるのに対し、通常料金でも約6000円と高くなっています。これだけ料金が高くなる理由として腋臭を改善する成分を多く含んでいることが挙げられます。そして消臭効果が高いだけでなく、天然成分からできているので肌にも優しいものになっています。値段が安いということは効果もその程度ということになります。この値段による理由と共に、クリアネオを薬局で市販しない理由として日本人は腋臭の人が2割程度しかいないこともあります。多くの人たちは汗をかいたときにその匂いがごまかせる程度の機能しか必要としないので、値段も高く、需要も少ないクリアネオは薬局で市販されることがないのです。また特に女性は腋臭で悩んでいるということが周囲にばれることを嫌がり、通販で購入することも多いのでクリアネオは薬局で市販されることがないのです。

薬局で市販されている商品とクリアネオの使い心地

クリアネオのクリームタイプは無香料となっていますが少しの薬臭さがあります。しかしそれは強いものではなく、クリームは伸びがよくべたつきません。そして天然成分から作られているので使っていくことで肌の調子が悪化したり、黒ずみが発生することもありません。ボディソープタイプは通常のものと同じように泡立てて使うのですがしっかり洗い流さないと泡が肌に残ったような感覚があるので注意が必要です。薬局で市販されているものはどれもあまり持続性が高くないのに加えて、香料が含まれたものだとその匂いが腋臭の臭いと混ざり合って臭いが悪化する場合があります。更にロールオンタイプやスティックタイプだと直接脇に塗りつけ、さらにその面を次回使用するときに肌に触れさせるので細菌が付くかもしれないという衛生面的な問題もあります。また、脇に塗るとべたついたり、乾燥したクリームなどがカスになってぽろぽろ取れてくるということもあります。

薬局で市販されている商品には含まれずクリアネオに含まれる成分

薬局で市販されている商品には一般的に含まれていませんが、クリアネオには含まれている成分としてイソプロピルメチルフェノールというものがあります。これは殺菌効果と防カビ効果があり、ほかにも保湿成分や老廃物を除去する作用のある成分も含まれています。市販の商品にはこういった成分が含まれていないことで一時的、逆に悪化させてしまうことがあるのです。